スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーシーのお帰り 

避妊手術を終えて獣医さんで一泊したルーシーが帰ってきました。
傷は3センチ弱ととっても小さく、ルーシーも元気ですが、やはりオスのルカの時と比べると、剃られたお腹と傷が痛々しい・・・・。

Pain Patchという痛みを和らげる鎮痛剤の入った絆創膏のようなものを、体の横の辺りに張られています。
この薬は眠気を誘うので、しっかり休んだほうがいい猫の体にも良いそう。獣医さんではルーシーは5ヶ月の平均体重より1キロほども小さいらしく2キロしかありませんでした。
ルカの5ヶ月の時の獣医さんでの記録を見ると同じ時期に3.8キロ!
ルーシーもルカと同じくらいモリモリ食べているのですが、きっと猫の体質なのでしょう。ルーシーはメスだし。

さて、ルーシーが帰ってくるまでのルカですが、これがけっこう大変でした。。。
たいてい夜11時を過ぎるとルカとルーシーが元気に遊び出すのですが、ルーシーがいなかった昨夜は、ルカは一晩中ニャーニャー泣いていました。お腹がすいているのかと思ってご飯をあげても食べないし、「ルーシーは?」と言うと、キョロキョロとルーシーを探し出します。

いつの間にかこんなに離れられない仲になっていたのね・・・としみじみ(^^)

いつもの窓辺の風景
luca27


ルーシーが行ってしまった昨日の窓辺。
luca25

luca26

ルカ「なんかいつもと違うぞ。ルーシーはどこだ??」


ペット(猫)人気ブログランキングに参加中♪
応援していただけると嬉しいです!

スポンサーサイト

コメント

良かったですね。

ルーシーちゃん、無事退院よかったですね。
ルカちゃんも、良かったね。

ルーシーちゃんシロップとホント誕生日が近いんですね。
シロップは、5月20日に拾いました。
大体10日位経っているかなということでしたので、この頃だろうと。

カナダでは、絆創膏の鎮痛剤なんですね。やはり、薬とかはそちらの方が進んでますね。

おかえりなさい!
そうですよね・・私もうちの子たちを
去勢したときは、こんなにまだ小さいのにちょっと不憫、、と思いつつ
先生に託しました。
女の子は一泊コースなんですね。
でも、ルカちゃんがルーシーちゃんを探してる様子、ほのぼのしてていいですね。また落ち着いたら遊べるしねo(^-^)o

ゆきこさん、こんにちわ♪
ルーシーちゃん、お帰りなさい!やはり、我が家が一番でしょう(笑)
うちも、猫を2匹飼ってました。なぜ過去形かというと、一匹(リンダ♀)はずいぶんと昔の話ですが、天国へ行ってしまったからです。
そのときから、残った一匹(幸介♂)はよく泣くようになり、人間にべったりくっつくようになっちゃいました。やっぱり、寂しかったんでしょうね。もともと甘えん坊な性格ではありましたが。(笑)

ルーシーちゃんとルカちゃんも、きっと強い絆でつながっているのですね☆

おかえりなさい

おかえりなさい^^
ルカちゃん、安心してるのではないですか?よかったね。
メスの手術・・お家猫の子だと包帯まきにされたりカバー(洋服のようなもの)で患部を覆ってたり・・
うちの場合は太目の糸で塗った後がそのままで・・(猫の体にこんな太い糸?)って思った覚えがありました。もちろん術後のカバーもないし鎮痛剤も・・今考えるとちょっと恐くなります^^;
再度捕まえられるか当時は不安だったので(特にキジ猫は無理)、抜糸もしてないんですよ、2匹。でも今あんなに元気^^;

お久しぶりです!

長い間ご無沙汰してしまいました!
新しいご家族(猫ちゃん)増えたんですね!
まだ、さかのぼって拝見していないので、
これから少しずつ拝見したいと思っております。
またおじゃましますのでよろしくお願い致します。

● みなさま

温かいお言葉をありがとうございます!
お腹の傷は、今回の獣医さんでは糸をつかって縫わないそうで、代わりに「皮膚と同化する手術用の接着剤」を使っているらしく、傷あとも乾いていました。獣医さんによって色々あるのですね。
やんすさんの猫ちゃんたち、抜糸をしていなくてもあんなに元気なんですね!

つぐなさん!お久しぶりですー(^^)
こちらこそまたよろしくお願いしますね。

ルーシーも早く元気になって欲しいです。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lucalucy.blog26.fc2.com/tb.php/16-5e0f64b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。